白髪は抜いちゃダメ?その理由と白髪のメカニズム

<スポンサーリンク>


こんにちは!成田市の美容室feelhair<フィールヘアー>の相田です!

僕も2ブロックを入れてる所は白髪だらけですw

いやですよね〜w

「あ!白髪発見!!」

となっても抜いちゃだめですよ?笑

 

なぜ白髪を抜いてはいけないのか?

 

「白髪を抜くと増えるから」

 

これは厳密に言うと嘘ですw

少なからず僕は信じてないです!

 

ではなぜか?

 

髪は1つの毛根に1本ではない

髪を抜くということは多少なり毛根に負担を与える

これはなんとなく想像できますよね?

髪は同じ毛穴から数本生えてることが多いんです。

(画像はこちらより出典)

ですので1本抜くと同じ毛穴の他の髪にも悪影響を与えてしまう可能性があるんです。

毛根の強度も下がり、健康な髪にもダメージを与えてしまうかもしれません。

最悪の場合、他の髪も抜けやすくさせる可能性だってあります。

 

毛膿炎を起こす可能性がある

毛膿炎とは、毛を抜いた際に傷ついた毛穴に最近が入ってしまい炎症を起こす事です

毛膿炎について詳しくはこちら(Wikipedia)から

 

毛根、頭皮は植物で言う土壌のようなものです。

土壌が悪い場所には健康な植物は生えてくれません、、

頭皮、毛根の状態を良くすることは髪を健康に保つためには必要なことなんですね!

 

白髪はハリが強くなりやすいので立って生えやすく目立ちやすくなる

白髪ってピンピンしててすごい目立つから嫌!!

なんて思ったことありませんか?

抜いたりすると切る事が不可能な短い白髪が新しく生えてくる可能性があります。

 

抜くと増えるというより短いピンピンした白髪が新しく生えるから目立ちやすい

 

というのが正しいのかもしれませんね。

なので抜かずに染めてあげた方がまだ目立たないんです♪

 

白髪になることによる髪の成分の変化

まずはこちらの図をご覧ください。個人差はありますがおおよその髪の成分です

(画像はこちらより出典)

この中のメラニンがなくなってしまったのが白髪です

この4.5%のメラニンが無くなったらその4.5%は何で補うかご存知ですか??

 

 

正解は脂質です!

 

 

脂質が多くなるからカラー剤などが浸透しづらく、市販のカラー剤で染まらなかったー!なんて方がいるんですね。

脂質が多くなるからハリも強くなるわけです。

これが水分で補ってくれたのならどれだけ柔らかいしなやかな髪になるか、、

 

現実って厳しいものです笑

 

これは髪の中の成分の状態の変化なので洗浄成分がしっかりしたシャンプーで洗っても、1日のシャンプー回数を増やしたとしても改善は難しいと思います。。

 

最近白髪を黒毛へと復活させることが期待できます!という商品増えてきましたね

http://ikumouzai-ladies.com/jyouhou/part_12.html

こちらのサイトでも紹介されていましたが

 

 

「白髪が黒毛に戻ることはある?」

と言う問いに

「はい、あります」

と専門家が答えています。

 

 

僕は毛根内の専門家ではないのでそこに関しては保証できませんがもしできるならありがたい話ですよね!

少しでも白髪に悩む人が減り、正しいケアをしてお悩みを解消していただけたらと思います。

僕も勉強を続けますね!

 

カラーする際のポイント

目立つ白髪の本数によって明るさ、薬剤を変えてあげるのがベストだと思います。

 

  • 白髪が少なく、今までカラーされてない黒髪の方

ヘアマニキュアがオススメです。髪にダメージを与えずに白髪を他の髪の色となじませることができます!

 

  • 白髪が多く、今までカラーされてない方

あまりそういう方は少ないかもしれませんが、ダメージを気にされるならヘアマニキュアでもいいかもしれません。しかし白髪と他の黒髪の差が目立つのでしっかり通常のヘアカラーで染めてあげた方が持ちがいいかと思います

 

  • 白髪が少なく、今までカラーをしてきた方

カラーしている明るさがポイントになると思います。白髪が少ない=まだ黒髪の方が多いので明るくしすぎるとリタッチ部分とのギャップが目立ちやすいので5〜8レベルの方が目立ちづらいと思います(ファッションカラーでカバーできる可能性がある状態です)

 

  • 白髪が多く、今までカラーをしてきた方

このような方は逆に暗くすると根元の白髪とのギャップが目立ちます。6〜10レベルの明るめなお色で染めた方が少し伸びても目立ちづらいと思います。

 

※上記はオススメの染め方の一つにすぎず、しっかりとカウンセリングでお客様のご希望に合わせて染めさせていただいております。必ずそうしなければいけないわけではありませんよ?♪

 

まとめ

いかがでしたか??

 

  • 白髪は抜くと頭皮、毛根、他の髪を傷める可能性がある
  • 白髪は脂質が多くなり油分が多くなるのでピンピン立ちやすい
  • 白髪は抜かずに染めてあげた方が良い
  • 染める際は状況によって明るさを調節してあげた方が目立ちづらい

 

頭皮、髪にダメージを与えないように白髪を付き合っていくことが大切かと思います♪

是非ご相談くださいね!

 

来店前にカウンセリングしませんか??

美容師とLINE@で繋がると予約が取れたり、来店前に髪やスタイルの相談が出来たりするんです。

お気軽にフォローしてくださいね♪

どんな相談でもしっかり返信いたします!


↑の画像をタップするとLINEのアプリが起動します!

フォローしてくださった方のプライベートは見れませんのでご安心くださいね♪

相田浩志
是非フォローしてください!お待ちしております!

<スポンサーリンク>


ABOUTこの記事をかいた人

Feelhair スタイリスト 美容師歴10年 山野美容専門学校通信科卒 【あなたのなりたいを叶える美容師】 をモットーに日々精進してます! 担当させていただける日を楽しみにしてますね♪