暖色→寒色へのカラーチェンジはマットだと効率が悪い?実は◯◯も必要!

 

こんにちは!成田市の美容室feelhair<フィールヘアー>の相田です!

さて、今回は、

ヘアカラーの暖色と寒色の話

レッドとかピンクは暖色、

アッシュとかマットとかが寒色

と大きく分けて僕は説明してることが多いです!

お客さんにはいろんな色に挑戦してもらいたいですね〜♪

さて、

先日のお客様Mさん!

前回ブリーチでグラデーションカラーをしてピンクにしたみたいです!

きっと素敵に染まってた事でしょう!♪

しかしそれも抜けてしまって若干赤みが残る金髪に、、

そして今回、

「やっぱアッシュ系がいいです〜笑」

との事だったのですが、ここで1つ注意点が!

前回の暖色の色素がアッシュの邪魔をする

どうしても出てしまうこの問題、、

残留している赤みはアッシュのグレー感を邪魔してしまいます。

なのでここはやはり赤の反対の色を使います!

そう!

緑です!

でもこの色相環(色を円に並べて比べたもの)をみてください♪

赤みが残ってるとはいえ真っ赤ではないのでただの緑では髪の毛の残った赤みは消せないんですね。

そう、髪に残ってる赤みは上の表で言う「赤みの橙(だいだい)」が近いと思います

その反対の矢印の先には?

緑みの青

と書いてありますね!

つまり、

緑(マット)でも青(アッシュ)でも髪に残った中途半端な赤みは消すには不十分

ってことです

補足

赤みが強い方はもっと緑・マット味が濃いものでないと消えない場合があります。今回はブリーチした毛の残った赤みのお話です♪

 

だからこそ使う色は、

カーキアッシュ

がベストではなのではないでしょうか??

緑だけでなく青も必要ってことですね♪

マットアッシュでもいいですが、この時青を濃くするのが大切ですね!

基本アッシュは柔らかい青で作られてることが多いのでしっかり赤みを消したければ濃いブルーにマットを混ぜるのがオススメ!

これは美容師側がやりますのでご安心を♪

緑を感じる青で染めると退色して出てきた中途半端な赤みは綺麗に消せます!

仕上がりがこちら!!

遠目だとグラデーション感がないのですが、近くで見るとしっかりと透明感を保ちつつ赤みが消えた綺麗なアッシュに仕上がりました!

この時注意したいのがお客様がブリーチを何回しているか?

です!

2回以上ブリーチされてる方は毛先の色の吸い込みが激しいのでグラデーションに仕上げたいのに毛先の方が暗くなってしまいます

赤い丸の部分の方が明るく出やすいんです。

だから一気に毛先まで塗ったらダメ!

わざと青い丸の部分を塗らずに放っておくんです笑

今回の放置タイムは、

赤い丸の部分を塗って15分〜20分

青い丸の部分を塗って5分で流しました!

毛先5分しか放置してないのに

この仕上がりです。

毛先も綺麗に色入っていませんか?♪

やり方はたくさんありますが、僕はこのやり方で染めてます♪

濃い目に染めて退色を楽しむ!

まだまだグラデーションカラーの楽しみ方は無限大ですね!!

あなたも是非お試しを♪

来店前にカウンセリングしませんか??

美容師とLINE@で繋がると予約が取れたり、来店前に髪やスタイルの相談が出来たりするんです。

お気軽にフォローしてくださいね♪

どんな相談でもしっかり返信いたします!


↑の画像をタップするとLINEのアプリが起動します!

フォローしてくださった方のプライベートは見れませんのでご安心くださいね♪

相田浩志
是非フォローしてください!お待ちしております!

 

 




ABOUTこの記事をかいた人

Private Hair Salon Piace(ピアーチェ) 代表 相田浩志 since 2018年4月〜 鏡・席が1つしかないプライベートヘアサロンを経営しつつ真摯にお客様と向き合い素敵なヘアスタイルを提供中!!