【ハサミの手入れ】お客様の髪を想い怠らないように◎

<スポンサーリンク>


こんにちは!成田市の美容室feelhair<フィールヘアー>の相田です!

美容師それぞれ賛否両論あると思うのですが、

 

ハサミの手入れ

美容師はどこまでするべきなのでしょうか?

 

  • そんなものは必要ない?
  • 定期的に研ぎに出していれば大丈夫?
  • 毎日すべき?

 

きっといろいろな考えがあると思います

切りづらくなったら研ぎに出せば状態は良くなって返ってきます

 

でも、、

 

「切りづらくなった」

 

これお客さんを切っていて気が付いたんですよね?

それじゃ遅いんじゃないか?

って思ったんです!

 

  • 日頃から切りづらくならないようにケアをする
  • 切りづらくなる前に研ぎに出す

 

これはお客様の髪を切らせてもらう責任に繋がる

 

そう思ったんです。

 

切れ味が悪いハサミで髪を切るとスパッと切れず引きちぎる感じになってしまいます。

 

つまり枝毛になりやすくなってしまうんです!

 

「枝毛が出来ているので毛先を揃えてください」

とお願いされてもまた枝毛になりやすい毛先を作ってしまう。。

それでは元も子もないですよね!

 

技術はもちろんですが道具も万全の状態で施術に入る

 

今までも定期的に研ぎに出していましたが、もっと日頃のケアを気をつけて行きます!

 

道具が揃ったので早速ハサミのケアを

◯まずは触点とネジにオイル打ち

触点は常に摩擦が起きる場所!ここの滑りが悪いと刃先に余計な負担がかかるのでオイルをして刃先の磨耗を軽減させるんです

これで切れ味が落ちるのを軽減してくれます♪

 

◯セーム革で刃をなめす

髪を切るとハサミに返り刃ができます

※刃の形状が崩れること(目にはほぼ見えない小さな崩れ)

これが出来たまま使い続けると形状が悪い刃にさらに負担を与えるようになり切れ味が落ちるのが早くなります

なのでセーム革というもので刃をなめすように拭いてあげると返り刃を取ることが出来ます

指でなぞるだけでもある程度取れるのですが指切る可能性ありますからね笑

 

以上2点を日頃からやる事で研ぎに出すほどハサミが劣化するのを極限まで遅らせることが出来ると思います!

 

研ぎに出すとハサミは2週間ほどメーカーから返って来ません。

なので似たハサミを2丁持つ必要がありますね!

既に購入する手筈になってます♪

 

僕のハサミ達も綺麗になりました!

もう一丁ずっと使ってるセニングがあるのですが今メーカーでメンテナンス中です♪

レザーは持ってませんwむしろ使えません←

あのレザーでしか出せない切り口カッコいいんですけどお客様の髪に負担を与えそうで怖いんです笑(←これも手入れ次第なんでしょうね)

 

さて!

 

今後ももっと本気出して

高い技術と

万全な道具と

確固たる責任で

お客様の髪を綺麗にしていきます!!

 

<スポンサーリンク>


ABOUTこの記事をかいた人

Feelhair スタイリスト 美容師歴10年 山野美容専門学校通信科卒 【あなたのなりたいを叶える美容師】 をモットーに日々精進してます! 担当させていただける日を楽しみにしてますね♪